札幌交響楽団演奏会 まなみーるDEクラシック2022

札幌交響楽団演奏会 まなみーるDEクラシック2022

札響新時代を拓く、川瀬賢太郎の「新世界」

日程:
2022年12月18日(日)
会場:
まなみーる岩見沢市民会館大ホール
開場:
14:30
開演:
15:00
終演:
16:50予定
優先入場券をお持ちの方は14:00より入場開始
札幌交響楽団演奏会
まなみーるDEクラシック2022

指揮:川瀬 賢太郎

管弦楽:札幌交響楽団


演奏曲

【第一部】
ドヴォルジャーク 序曲「謝肉祭」
スメタナ 歌劇「売られた花嫁」より3つの舞曲
スメタナ 連作交響詩「わが祖国」よりモルダウ

【第二部】
ドヴォルジャーク 交響曲第9番「新世界より」


前売入場券
10/15(土)より発売
※ 全席自由
※ 本公演は前後左右を1席ずつ空けた座席配置を予定しています。

優先入場券 3,000円 販売終了
※ 限定150名・14:00~14:30の間で優先的にご入場いただけます。
※ 11/21(月)時点、予定枚数に達したため販売を終了いたします。

大人自由席 2,500円 販売中

U25自由席 1,200円 販売中
※ 1997年4月以降にお生まれの方が対象です。

※ 小学生無料 (同伴保護者1名に対し1名無料)
※ 未就学児入場不可
※ 当日券はいずれも500円アップ
※ 公演中止、または、主催者がやむを得ないと判断する場合を除き、チケットのキャンセル・払い戻しはいたしません。ご購入の際は、ご自身の体調や環境をふまえご判断をお願いします。


前売チケット販売所
ローソンチケット Lコード:11916
全国のローソン店頭 Loppi 又はWEBサイトでご購入いただけます。

ハマナスアート (まなみーる窓口) 0126-22-4235
岩見沢市観光協会 0126-22-3470
ホテルサンプラザ 0126-23-7788
北海道教育楽器 0126-22-6220
美唄市民会館 0126-63-2185
砂川市地域交流センターゆう 0125-54-3111
滝川市まちづくりセンターみんくる 0125-74-6210

お問合せ
ハマナスアート 0126-22-4235

主催:NPO法人ハマナスアート、北海道新聞社
制作協力:札幌交響楽団
後援:岩見沢市、岩見沢市教育委員会


プロフィール

指揮:川瀬 賢太郎
2022年4月札幌交響楽団正指揮者に就任。
1984年東京生まれ。私立八王子高等学校芸術コースを経て、2007年東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。これまでに指揮を広上淳一、汐澤安彦、チョン・ミョンフンなどの各氏に師事。パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)のアシスタント・コンダクターを務める。2006年10月、東京国際音楽コンクール<指揮>において2位(最高位)に入賞。各地のオーケストラから次々に招きを受ける。2011年4月には名古屋フィル指揮者に就任、2014年4月から2022年3月末まで神奈川フィル常任指揮者を務めた。オペラにおいても、細川俊夫作曲「班女」、モーツァルト作曲「魔笛」などを指揮、目覚ましい活躍を遂げている。
現在、札響のほかに、名古屋フィル正指揮者とオーケストラ・アンサンブル金沢常任客演指揮者(2022年9月からはパーマネント・コンダクター)を務める。2015年渡邉暁雄音楽基金音楽賞、第14回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第26回出光音楽賞等を受賞。三重県いなべ市親善大使。東京音楽大学作曲指揮専攻(指揮)特任講師。


管弦楽:札幌交響楽団
1961年発足。北海道唯一のプロ・オーケストラとして「札響」の愛称で親しまれ、2021年には60周年を迎えた。透明感のあるサウンドとパワフルな表現力は、国内はもとより海外でも評価が高い。例年の年間公演回数は約120回。さらに小編成でのアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいる。海外ではこれまでにヨーロッパ、アメリカ、アジア諸国を訪問し、各地で好評を博した。
歴代指揮者には、名誉創立指揮者の荒谷正雄、ペーター・シュヴァルツ、岩城宏之、秋山和慶、尾高忠明、マックス・ポンマー、ラドミル・エリシュカなどがいる。現在、スイス出身の首席指揮者マティアス・バーメルト、名誉音楽監督の尾高忠明、友情指揮者の広上淳一、正指揮者の川瀬賢太郎を擁する。
クリックすると拡大できます。